「飯山ふるさと案内人」のガイドさんと寺めぐり

飯山市に移住して3か月弱。地域おこし協力隊のRです。
寺院や神社が20あまりあることから「寺の町」とも言われる飯山。
先日「寺めぐり遊歩道」を歩きながら、観光ガイド「飯山ふるさと案内人」の方に、お寺を案内してもらいました。

地元に精通したガイドさんと一緒だと、自分で歩いた時は気がつかなかった、興味深い物やスポットを発見することができました。いくつかご紹介します。

一本杖スキーと「妙専寺」
まずは「妙専寺」へ。ガイドの谷澤丞(やざわすすむ)さんは、16年前に「土臭い生活がしたくて」京都府宇治市から飯山に移住してきたそうです。

b0218664_16115657.png

お寺には長い棒を一本持った男性の銅像がありました。「これ、一本杖スキーなんです」と谷澤さん。以前見た時は気がつかなかったのですが、足元を見るとスキー板をはいていました。

b0218664_16325577.png

妙専寺の第17代住職は明治時代に、日本にスキーを伝えたレルヒ少佐から一本杖スキーを習い、飯山に広めた人物なのだそうです。そのため飯山は、長野県のスキー発祥の地になったのだとか。

そういえば、飯山市のマンホールのフタにデザインされた子どもたちも、一本杖スキーをしているということに気がつきました。

b0218664_09595126.png

実はこれ、市内に1枚しか設置されていない貴重なカラーのフタです。飯山駅の千曲川口エントランス付近にあります。見つけたらいいことがあるかもしれませんよ。

大賀ハスが咲く「奈良沢蓮田」
次のお寺に向かう途中、住宅街に一面の蓮田が現れました。

b0218664_16115596.png

奈良沢蓮田には、道行く人に楽しんでもらえるようにと、数種類の蓮の花が植えられています。
大賀ハスのピンク色が、かわいらしいです。

b0218664_16115471.png

ほかにも、季節のさまざまなお花が目を楽しませてくれました。

b0218664_16115411.png

アートな水石「正受庵」
松代藩主真田信之の子と伝えられ、飯山城で生まれ育った正受老人(道鏡慧端)が終生を過ごした「正受庵」。座禅道場としても有名です。

風情ある茅葺屋根の本堂の傍らには、独特の存在感を放つ「水石」が置かれていました。
まるで現代アートのようですね!

b0218664_16115305.png

別のアングルからも。見れば見るほど興味深いかたちです。

b0218664_16115534.png

修行に明け暮れ、さまざまな寄進なども断ったという正受老人が飯山藩主に所望したのが、この水石だったそうです。その気持ち、なんとなく分かるような気がしてきました。


正受老人は、「臨済宗中興の祖」と称され、禅宗史はもとより日本美術史においても高く評価されている白隠禅師の師としても知られています。そんな正受老人と白隠禅師にちなんだ展覧会が、飯山市美術館で開催されます。正受庵と合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?
 開催期間:2017年8月2日(水)〜9月10日(日)


信州デスティネーションキャンペーン期間中、飯山ふるさと案内人による、おひとりさま500円のガイドツアーを実施。当日参加OKです。




[PR]
by iiyama-furusato | 2017-07-28 09:34 | 散策