ブルーベリーの収穫と内山紙の紙すき体験:百姓塾7月講座2日目

農的な田舎暮らしを体験できる飯山市の「百姓塾」。7月講座の2日目は、ブルーベリーの収穫体験を行いました。

b0218664_13521308.png

農園に植わっているブルーベリーは10種類。そのうち、5種類ほどが食べごろとのこと。「黒くなった実が熟しています。日当たりのよい高いところの実がおいしいですよ」と、農園のオーナーの小嶋さん(写真右)。

b0218664_13521438.png

身長が185センチもある参加者のKさんは、らくらくと高いところにあるおいしそうな実を採っていました。うらやましい!

b0218664_13521430.png

収穫しながらブルーベリーをひと粒、ふた粒食べていると「一度に10粒ぐらい食べてみてください」と小嶋さん。

ぱくっと口に入れると、みずみずしいブルーベリーの果肉と香りがいっぱいに広がり、感激してしまいました! ぜひ一度、試してみてください。

b0218664_13521427.png

ブルーベリーをたくさん収穫して、みなさんにこにこ笑顔でした。

b0218664_13521557.png

ブルーベリーの天敵、カミキリムシをお持ち帰りする参加者もいらっしゃいましたよ。

b0218664_13521544.png

その後、飯山市工芸交流センターの「飯山手すき和紙体験工房」で、「内山紙(うちやまがみ)」の紙すき体験を行いました。

経済産業大臣指定の「伝統的工芸品」でもある内山紙は、クワ科の植物であるコウゾが原料です。コウゾは雪にさらされることで、自然に繊維が白く漂白されます。

b0218664_13521511.png

はがきや色紙など、お好みのサイズの型に、水などに溶かれたコウゾをすくい入れます。この作業は、かんたんそうで難しい。手早く行うのがコツだそうです。

乾燥させた草花などを思い思いに飾り付けます。

b0218664_13521610.png


b0218664_13521646.png

その後、専用の機械で脱水と乾燥をさせるとできあがりです。
最後に記念撮影をパチリ!

b0218664_13521630.png

8月は収穫した夏野菜でバーベキュー、9月は秋野菜の種まきやりんご狩りなどを予定しています。おたのしみに!

農業の楽しさや大変さ、そして収穫の喜びを味わってみませんか?




[PR]
by iiyama-furusato | 2017-07-24 09:01 | 農的な暮らし