梅雨に入り天候が心配されましたが、真夏を思わせるような陽射しの中、1日目は、初めに田の草取りを行いました。
b0218664_15544946.jpg
b0218664_15551251.jpg

実りの秋に向けて、おいしいお米を収穫するために欠かせない作業です。除草剤を一切使わないため、思ったより草がいっぱいあり、草取り機も使いながら全員奮闘!!作業が終わったあとの冷たい麦茶のおいしかったこと。

次いで、5月講座で植えつけた作物の手入れです。
人参の間引き・ネギの追肥と土寄せ・じゃがいもの芽欠きと土寄せ・伸びてきたナスやピーマンの倒伏防止・二十日大根の種まき・・・盛りだくさんの作業内容でしたが、皆さん真剣に取り組んでいただき、予定より早めに1日目の作業が終わりました。
b0218664_15583759.jpg
b0218664_1559164.jpg


温泉で汗を流した後は、お待ちかねの夕食です。
二ノ宮さんの女将さんから、地元の食材をふんだんに使った田舎料理・伝統料理のお話を聞きながらおいしくいただきました。


2日目は、黒岩山での自然観察会です。

b0218664_1613823.jpg

地元の清水先生の案内で、大自然の中をグリーンシャワーとマイナスイオンを浴びながらの散策。

b0218664_1674622.jpg

b0218664_1682016.jpg
途中、初夏に池に張り出した樹木の枝先に白い泡巣を産み付け、各地で天然記念物に指定されている『モリアオガエル』を観察しました。樹上に産卵する理由は、①乾燥から卵を保護する。②天敵から卵を守る。③卵が呼吸するための酸素の供給等の説があるようです。次にクロサンショウウオの生息地も観察し、ブナ林では、ブナの木1本で約20アールの田んぼを潤す保水力があるとの説明を聞き驚きました。


帰り道、眼下に田植えが済んだ田園地帯の素晴らしい眺望に皆感嘆し、無事宿に戻りました。
b0218664_16142257.jpg
b0218664_16192876.jpg
次回講座は、7月9日(土)・10日(日)です。

皆さんのお越しをお待ちしております。

               ヒロピー・クマ
[PR]
by iiyama-furusato | 2016-06-21 16:27 | Comments(0)

緑陰濃い季節を迎え

木々の緑も深くなり、辺り一面の田んぼもすっかり苗で覆われ、北信州いいやまは一年の中で最も緑陰の濃い季節を迎えました。梅雨に入りましたが、この梅雨が明けると本格的な夏本番です。
・・・5月に植えた作物も成長してきました。・・・
b0218664_13313890.jpg
さて、今回は、移住定住推進係の事業について、触れてみたいと思います。

① 28年度の新しい取り組みとして、銀座NAGANOで「北信州いいやま移住定住セミナー」を5月24日に開催しました。参加者は少人数でしたが、いいやまの風土・気候などの基礎編、四季がはっきりしている自然の魅力と暮らしのあれこれについて紹介しました。移住定住に向けてきめ細かいセミナーになりました。

②さる5月26日、平成28年度「飯山市ふるさと回帰支援センター」 総会が開催され、平成27年度事業報告及び平成28年度事業計画案が承認されました。
               
5年後も現在の人口をキープするために、関係機関連携をさらに深め、移住定住事業を推進していくことを確認しあいました。
新年度事業のうち新たなものは、情報発信の推進として、銀座NAGANOへ移住相談窓口の設置・Facebook等でイベント・セミナー等の告知、ふるさと回帰支援事業では、長野県と連携した企画の展開・北陸新幹線を活用した体験企画の推進、移住定住事業では、空き家バンクへ登録可能な空き家の掘り起し・雇用促進住宅の活用など、ふるさと探し・いいやま暮らしを一層応援していきます。 ヒロピー・クマ


b0218664_1425431.jpgb0218664_1431385.jpg
[PR]
by iiyama-furusato | 2016-06-13 14:04 | Comments(0)