<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第6回百姓塾

b0218664_1461915.jpgb0218664_1495569.jpg
10月3日(土)・4日(日)の2日間、百姓塾10月講座を開催しました。第1日目は、稲刈りで手刈り体験をしました。年に1度の稲刈りは、毎年参加して行っている人も、刈った稲を束ねるのは簡単ではありません。太くなったり細くなったり、丈を揃えるのも気を使います。皆さん手元に注視し真剣に束ねていました。
初めて稲刈りをする人も稲穂を残さないように、一株々丁寧に刈っていました。
広い田圃です。手刈りだけでは追いつかず、バインダーの出動です。1条刈りでもカチャンカチャンと軽快な音を鳴らして刈り上げていきます。皆さん私にもやらせて、私も! とかわるがわる体験していました。
最後はコンバインの出番です。手刈りやバインダーで刈った稲を田圃の中を移動しながら脱穀です。稲を運ぶ人、コンバインに掛ける人、裁断された藁を掻き出す人、それぞれに働き、沢山のモミを収穫できました。

b0218664_1411190.jpgb0218664_14113876.jpg










2日目は野菜の収穫と焼き芋です。
サツマイモの収穫から始め、広がったツルを取り除き、太く実ったサツマイモを掘り出しました。放射状につながったサツマイモは、しっかりと大地に根を下ろし、色濃くおいしそうに実っていました。
大きく育ったニンジンや初めて作ったごぼうも、収穫の時期となり折らないように丁寧に抜き取りました。
楽しみにしていたヤマトイモ、どのくらいに育ったか試し掘りをしました。おれた部分の白い主根がおいしそうで、収穫を楽しみにさせてくれました。
ジュンジュンたちは、山の畑で大根採りをしました。夏の水不足に負けず育った10数本は、秋の味覚を堪能させてくれるでしょう。

b0218664_14123862.jpg










サツマイモの美味しい食べ方の一つは、焼き芋です。
沢山の木の枝を燃やしておきを作り、サツマイモを中に入れました。焦げないように、均等に焼けるように火を調整し、20分ぐらい待って焼きイモができました。
二つに折ると、黄色の芋がホクホクに焼け、皮の香ばしいにおいと甘い香りが食欲を誘います。ちょっと寒いこの日には、熱いくらいの焼き芋は美味しく最高でした。
来月は沢山の秋野菜の収穫が楽しみです。
[PR]
by iiyama-furusato | 2015-10-15 14:20 | Comments(0)