黄金色に輝く飯山盆地

b0218664_1715979.jpgb0218664_1716143.jpg
朝夕めっきり涼しくなってきた今日この頃、飯山盆地は黄金色に輝き、抜けるような青空とのコントラストが、田舎でしか見られない素晴らしい光景を醸し出しています。たわわに実った稲穂が『もう収穫の時期だよ』と教えてくれ、あちらこちらで競争するかのように刈り取りを始めたコンバインは、田んぼの中を忙しく走っています。
お天気勝負のこの時期は、オペレーターも疲れを忘れて働き、今年のコメの豊作を実感しているようです。
噛めば噛むほど甘みと香りが口の中に広がる飯山の美味しい米、今年も全国に向けて出荷できそうです。まだ一度も食べてない人は是非ご賞味あれ!。一口食べるだけで飯山の米のファンになるでしょう。
飯山を巡る街道の周辺には、赤や紫のコスモスとシュウメイギクが色鮮やかに咲き誇り、訪れる人々を和ませてくれています。今だからこそ体感できる北信州いいやまの秋の情景です。
これからは、山の峰々から紅葉が始まり大自然の色鮮やかなパノラマを披露してくれます。さあ、皆さん飯山へ足を運んで、素晴らしい自然と美味しいお米や野菜を堪能してみてはいかがでしょうか。
[PR]
by iiyama-furusato | 2015-09-29 17:17 | Comments(0)

第5回百姓塾

急に涼しくなりコオロギが鳴き出した9月、第5回の百姓塾を開催しました。
8月半ば過ぎから雨の日が続き、9月講座で予定していた秋野菜の植え付けが、日程どおりに行えるか、空を見上げながら心配した1週間でした。
ところが、4日の金曜日から太陽さんが顔を出し、水分たっぷりの畑を乾かしてくれたので、5日は計画に沿って秋野菜の苗を植えたり、種を蒔くことができました。これは、参加者の皆さんの熱意が神様に伝わったんですね。心から感謝です。

1日目
b0218664_9311383.jpgb0218664_9312223.jpg
b0218664_931336.jpg

まずは鍬を使って苗を植える畝作りから始めました。1か月ぶりの鍬使いは、ちょっとぎこちないけど、みんなでやればスムーズに進み、仕上がりは良好です。
ブロッコリー、白菜、キャベツを、適当な間隔で深植えにならないように気を付けて植えました。ウーン出来栄えは満足。自己満足!
次は種を蒔きます。大根、野沢菜、白蕪&ほうれん草
大根は畝をやや高くして、ホウレンソウは畝をできるだけ平らに均して、種を蒔く溝も均一に気配りし、みんなきれいに蒔くことができました。バンザイ!!
参加者の皆さん、畑の作り方や苗の植え方がとっても上手になりました。自分の畑の野菜も、きっと見事なのでしょう。
日が沈む前に野菜の収穫です。ナス、ぼたんこしょう、ニンジン、そしてサツマイモの試し掘りをしました。つるを外して土を掘ると、輝くような紅色のサツマイモが放射状に繋がって現れました。全員大感激「うまそー!」。残りは10月、楽しみにしてます。


b0218664_9322096.jpgb0218664_9323323.jpg









今夜は地元のお祭りです。田舎の祭はそれぞれの集落で違いがあり、個性豊かです。五穀豊穣、地域の安全と発展、そして地区住民が幸せでいられることを神様に感謝して、子供から大人まで、みんな揃ってお祭りが盛大に行われていました。

2日目
b0218664_933157.jpg8月に撒いた蕎麦を見に行きました。
山の畑に育つ蕎麦は、関田山脈から吹き降ろされる風に揺れ、やわらかいグリーンの葉に敷き詰められた中に浮かび上がる白い花は、味わいの季節を予感させています。
わずかひと月足らずで腰の丈まで成長した蕎麦、10月の刈取りが楽しみです。





b0218664_9332850.jpgb0218664_933401.jpg









北信州いいやまの秋の味「リンゴ」を、今日は自分でもぎ取り、採りたてを農園でいただきました。北陸新幹線飯山駅から数分の場所に、こんな素敵な果樹園があるなんて、ラッキーでーす✌
赤く色づいた「つがる」の味はみずみずしくてほのかな酸味が 最高で―す!!
くるくる回すだけで剥ける皮むき器と、8等分に一瞬にして切り分ける機具は、便利ですねー。待ってましたとばかり、口いっぱい頬張り、食べ続けているのは誰ですか― 「ジュンジュンでーす」・・・ジュンジュン食べ過ぎました#(初登場です よろしく~)

それにしても、三脚に上って大きく実ったリンゴを選んでもぎ取るのは女衆で、下で待ち受けているのは男衆。夫婦円満の秘訣なのでしょうか?
お土産にいっぱいリンゴを籠に詰めました。

b0218664_93493.jpgb0218664_9341890.jpg









郷土料理にもチャレンジ、笹ずしづくりの体験です。笹をきれいに洗い丁寧に拭く人。具材の卵を焼き錦糸卵を作る人。酢飯(この味加減が重要です。さすが、にのみやのお母さん)を笹に乗せ、ぜんまいの煮つけ・紅ショウガ・錦糸卵を盛り付けますが、3色に並べる人、混ぜ合わせる人、重ねる人、それぞれ個性が出ていた笹ずしでした。口に入れば味は一緒?見栄えも大事だよねー。
みんなおいしそうにでき、楽しくごちそうになりました。

                                                        ヒデ
[PR]
by iiyama-furusato | 2015-09-08 14:29 | Comments(0)