一足早い春!?

b0218664_13513044.jpgb0218664_13514376.jpg全国的に雨の予報が出ている今日。飯山も比較的暖かい陽気です。
市役所の2階にある事務室内には、菜の花が花を咲かせています。来年のイベントで使用するための実験をしているそうで、冬場の室内ではどのくらいの期間で花が咲くのかを調べているのだとか。

早いもので、明後日から3月。GWに開催する菜の花まつりのポスターも完成しており、陽気の変化とともに、春に向けた準備が着々と進められています。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-27 13:51 | Comments(0)

真っ白な田んぼ

b0218664_1717135.jpg

今の時期の田んぼは、雪に覆われて真っ白な状態です。
先週の週末は、南岸低気圧の影響で飯山市にもたくさんの雪が降りました。それでも、例年と比べ降雪量はまだ少ないです。
2月も半ばを過ぎ、春の足音が着々と近づいている気がします。雪消えとともに見える土の色が待ち遠しい今日この頃です。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-19 17:17 | Comments(2)

上雪(かみゆき)

b0218664_1333288.jpgb0218664_13334340.jpg

今日の飯山市は、今のところチラチラと雪が舞っている天気ですが、道路上の雪を消すための消雪パイプが稼働しております。
先週に引き続き、週末は全国的に大雪となる予報が出ているようで、南岸低気圧の発達によるものとのことです。この場合、通常雪の降る飯山市などの地域よりも、普段降らない太平洋側などに降雪をもたらす「上雪」となるようです。

飯山市は、普段から雪が降るため除雪体制は万全ですが、普段雪の降らない地域での降雪による交通網のマヒや事故などのニュースを見ると、大変なことなんだなぁと思います。

皆さんもお出かけの際には十分にお気を付けください。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-14 13:34 | Comments(0)

b0218664_1672156.jpgb0218664_1673421.jpg









            明日の雪まつりに向けて雪像づくりも急ピッチで進められていました。
                (写真左が城北グラウンド、右が新幹線飯山駅前)

菜の花まつりと並ぶ飯山市のビッグイベント、いいやま雪まつりが2/8(土)、9(日)の2日間、市内にある城北グラウンドをメイン会場に開催されます。
今年は、北陸新幹線飯山駅開業を約1年後に控えていることから、開業前イベントとして新幹線飯山駅前に特設会場を設け、来場者でキャンドルを灯すイベントやSNOWBARなどが予定されています(どちらも8日のみの開催)。
もちろん、メイン会場でも様々なイベントが行われる予定です。


b0218664_1674419.jpgb0218664_1675682.jpg









             かまくらまつりの会場も「お・も・て・な・し」の準備は万端です!

また、いいやま雪まつりと同日に、信濃平周辺ではかまくら祭も開催されます。もちつき大会や雪上車やスノーモービルの乗車体験などこちらも楽しい催し物がいっぱい。
生活していくのにマイナス面を思い起こすことが多い「雪」ですが、雪像やかまくら、スノーモービルなど「雪」を使った楽しみ方がきっと体感できます!

この週末は、ぜひ飯山市へお越しください!!

なお、各イベントの詳細は下記のパンフレットでご確認ください。

b0218664_16201710.jpg
b0218664_16202658.jpg

[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-07 16:23 | Comments(0)

b0218664_13303841.jpgb0218664_13305063.jpg









      除雪道具を使っての雪かき体験                除雪機を使っての体験も

最終日は、雪の降る地域には欠かせない雪かきを体験していただきました。
お宿の裏に積もった雪を、スコップやスノーダンプで「たね」(雪を解かすために家の周りに作られた池)に落とす作業です。雪が予想以上に重く、最初は手間取っておりましたが、時間が経つにつれて道具の扱いにも慣れてきたようで、汗をかきながら真剣な表情で体験しておられました。


b0218664_1331867.jpgb0218664_13312199.jpg









       新たな!?やしょうまが完成            コシのあるおいしいおもちが出来ました!

全行程の最後は、やしょうまづくりとつきたておもちでの昼食です。
やしょうまとは、米粉でつくる団子のことで、北信州では冬場に食べる郷土料理です。また、昔ながらの臼と杵を使ってついたおもちを、あんこやきなこ、お雑煮にしていただきました。

これにて、本年度の飯山まなび塾がすべて終了いたしました。来年度も飯山の暮らしを体験していただけるよう、ただ今作成中です。完成後は、ホームページでも掲載いたしますので、ご覧いただき、ぜひご参加ください!
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-06 13:34 | Comments(0)

2日目の午後は、移住者の方のお宅訪問から。

b0218664_1319370.jpg飯山市に移住された方のお宅を訪問して、雪の状況や農的な暮らしなど、実体験に基づいたお話をしていただきました。中でも、一昨年の冬は雪が多かった時で、当時は東京と飯山を行き来しており、飯山へ来た時には、玄関が雪でふさがれていて、家の中に入るまで大変だったとの苦労話を聞いて、参加者の皆さんは驚いた様子でした。




b0218664_13191788.jpg次は、飯山市でも一番雪の多い場所にある「森の家」にお邪魔しました。
「森の家」では、支配人の高野さんより施設の状況や平成18年豪雪時の様子をお話しいただきました。参加者のほとんどが「森の家」を初めて訪れた方で、「一度来てみたかった」との声も。自然豊かなフィールドにある施設に興味を持っていらっしゃいました。





b0218664_13224268.jpgb0218664_13252322.jpg









        お鍋を囲んではい、チーズ!                お宿の周りに雪灯籠も作成

最後は、かまくらでの夕食です。
ろうそくで灯されたかまくら内は幻想的であり、思ったよりも暖かく、お鍋を囲みながら熱燗を片手に参加者同士の交流も深まっていました。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-06 13:27 | Comments(0)

b0218664_993635.jpgb0218664_994597.jpg









        動物の足跡も発見!                       雪上で見るご来光

2日目は雪上での早朝散歩からスタート。朝6時半から、雪の上を歩くためのかんじき、スノーシューをつけてお宿周辺の田んぼ中を歩きました。お天気にも恵まれ、ご来光も拝むことができ、すがすがしい朝を迎えることができました。

b0218664_9121076.jpgb0218664_9122535.jpg









        そば打ち体験のようす                  最後はおいしくいただきました!

早朝散歩を終え、朝食をとった後は、移住者の会の方とそば打ち交流です。
移住者の方に教えていただきながら、各班に分かれ練る、のばす、切る各工程を行いました。そば打ちの経験がない方もいらっしゃいましたが、移住者の方とお話ししながらの体験となり、参加者の皆さんには有意義な時間となったようです。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-04 17:00 | Comments(0)

日本有数の豪雪地帯である飯山市。雪のたくさん降る季節を体験していただき、移住を考える際の参考にしていただくための企画としてご用意しているまなび塾の冬講座を、1/31(金)~2/2(日)2泊3日の行程で行いました。
今回は、その様子を4回に分けてお伝えいたします。
まずは、1日目のかまくらづくりの様子から。この日は、地元のケーブルテレビの取材もあり、共同での作業となりました。
雪の厳しさだけでなく、楽しみも体験していただくために取り入れたかまくらづくり。お宿周辺の地区では、毎年「かまくらまつり」を行っており、かまくらづくりの「プロ」がおります。その方たちにかまくらづくりを教えていただきました。
b0218664_166419.jpgb0218664_1662267.jpg









ここのかまくらは、バルーンを使ってつくります。まずは、バルーン下のほうからしっかりと踏み固め、徐々に除雪機で雪を積んでいきます。
除雪機で雪をかけられることもしばしばで、参加者の方からは「ワー」「キャー」などの声も聞こえておりました。
b0218664_1672739.jpgb0218664_168157.jpg









スコップで周りの形を整えながら、入り口をくり抜き、バルーンを抜いて完成です。
最後は、完成したかまくらの前で記念撮影です。参加者のみなさんには、貴重な体験になったと思います。
[PR]
by iiyama-furusato | 2014-02-04 16:11 | Comments(0)