梅雨の合間の晴れに

b0218664_1749512.jpg
b0218664_1749596.jpg
昨日は、梅雨らしい天気で雨が降った飯山市。今日は、打って変わって五月晴れとなりました。
まなび塾・百姓塾で作っている田んぼの様子を見に行ってみると、青々と育ってきた苗が田舎ならではの田園風景を醸し出しています。暑い1日でしたが、外は風が気持ちよく感じられる1日でもありました。
ちなみに、五月晴れの本来の意味は梅雨の合間の晴れの日の事のようです。
[PR]
by iiyama-furusato | 2013-06-27 17:51 | Comments(0)

百姓塾だより【その3】

2日目の行程は、畑の作業、山菜採り、昼食用のもちつきです。

b0218664_839243.jpgまずは、畑の作業から。

昨年植えた玉ねぎを収穫し、ジャガイモ、トウモロコシの間引きや草取りも行いました。間引きや草取りは、地味な作業ではありますが、収穫に直結する重要な作業です。







b0218664_8393433.jpg次は、山菜採りへ。

民宿のご主人に案内いただき、昨日の調理講習会の食材となったフキ、ワラビ、ネマガリダケを採りに。フキとワラビは、山のふもとにあり、参加者の皆さんもたくさん採っていらっしゃいましたが、ネマガリダケは時期が遅かったようで、あまりありませんでした。






b0218664_840395.jpg最後は、もちつきです。

臼と杵を使った昔ながらのもちつきで、思った以上に体力を使います。参加者のみなさん交代で無事につき終わり、2日目の行程はすべて終了となりました。
ついたおもちと採ったネマガリダケを素焼きにして、お昼にいただきました。汗をかいて作業して、自分たちで採ったものを食す。まさに、田舎暮らしの醍醐味です。




次回の百姓塾は、7/13(土)、14(日)で行ないます。みなさんのご参加をお待ちしております。
[PR]
by iiyama-furusato | 2013-06-21 08:47 | Comments(0)

百姓塾だより【その2】

b0218664_13144516.jpg
b0218664_13145357.jpg


田の草取りの後は、山菜調理講習会です。山菜の下ごしらえや調理方法などを民宿の女将さんに教えていただきました。
この時期採れる山菜の中からフキ、ワラビ、ネマガリダケについての講習です。ワラビはアク抜き方法を、ネマガリダケは節の取り方などを実践し、節が固いため捨ててしまうと教えてもらうと、参加者の皆さんからは、「もったいない」との声も。ネマガリダケは、皮をむくと量が減り、さらに節まで取ると食べるところが本当に少なくなって・・・、結構ぜいたく品です。
[PR]
by iiyama-furusato | 2013-06-20 13:24 | Comments(0)

百姓塾だより【その1】

~田舎暮らし体験プログラムとして、「田舎暮らしに興味を持っていただこう!」「まずは飯山に来ていただき、飯山の魅力を知ってもらおう!」と開催している百姓塾。
今回は、6/15、16に開催いたしました第2回百姓塾の様子を3回に分けて、お届けいたします~

b0218664_1444826.jpg
b0218664_1445567.jpg


ご無沙汰しております。やなぷーです。
年7回行われる百姓塾の第2回目。初日の最初の行程は、田の草取りです。「田の中に草って生えるの?」と思いながら、田んぼへ行くと・・・、ありました!たくさんの草が。
本来は、除草剤をまくため草は生えないようですが、百姓塾の田んぼは無農薬です。
小雨の降る中、先月味わった素足で感じる心地よい泥の感覚を楽しみながら、参加者の皆さんと1列になって作業を開始。中腰での作業は大変でしたが、参加者の方々の熱心な作業のおかげで、1時間半ほどで終了しました。(ちなみに、要領が悪いためか作業を終えるのは、やなぷーが最後でした・・・)
昔は、この作業を年に3回ほど行っていたとかで、「大変だったんだなぁ」と実感させられました。
[PR]
by iiyama-furusato | 2013-06-19 14:09 | Comments(0)

久しぶりのお湿り

b0218664_1764949.jpg
b0218664_17725.jpg


昨日は、飯山市内で久しぶりに雨が降りました。まなび塾、百姓塾で耕した畑も、以前は乾いていた土が、写真のとおり水分を含み黒くなっています。
今年は、早めの梅雨入りとなったものの、雨が降らず作物への影響が心配でしたが、畑にはいいお湿りになったようです。

6月に入り、梅雨らしい天気が待たれるところです。(写真は、左がとうもろこし、右がさつまいもです)
[PR]
by iiyama-furusato | 2013-06-07 17:37 | Comments(1)